鹿児島サッカー観戦記  そして思うこと

d0073922_2337875.jpg
大荒れの吹上浜。

d0073922_23371831.jpg
こんな日にウインドサーフィン(驚)




d0073922_23371215.jpg
雨、降る。

d0073922_23372157.jpg
雹、降る。

d0073922_23372494.jpg
そして雪・・・。 極寒の中の旅行でした。 ホントにホントに寒かった!

昨年12月24日~26日、家族4人で鹿児島旅行。

旅の目的は長男のサッカー観戦でした。
鹿児島県地区トレセンサッカー大会(U-13、U-14)がありました。
昨年は桜島でしたが今年は吹上浜海浜公園の芝グラウンド。
息子はU-14のカテゴリー。
普段は対戦相手としてライバル関係にある各中学校チームから数名(1~4名)選抜選手として招集され、この時ばかりはチームメイト。
中央地区の選抜選手として大会に参加してきました。

息子の通う中学サッカー部はけっして強くはありません。
昨年はまずまずの強さでしたが、先輩が引退して主力が中2になると・・・・・。
めっちゃ上手なんですとは言い難いわが息子が10番でありキャプテンであるということ自体、チームレベルも推して知るべしといったところ。
別にチームを貶めているわけではありません。皆良い子で良いチームです。
サッカー素人の私にとってはチームが強い弱いはあんまり重要事項ではありません。
(本人や主人が聞いたら呆れるでしょうが・・・)
指導熱心で人格者のコーチやチームメイトに囲まれて部活ができるということだけで幸せなことだと思いますし本当にありがたいことです。
中学男子のあり余るエネルギーを燃焼できたり、先輩後輩との人間関係を築き上げられる部活動は本当に良いものです。
これは運動系部活動に限らず文科系部活動にも同じことが言えると思います。

先生方が入学と同時に部活動をすすめる理由もまさにそこにあるといってもいいでしょう。 部活万歳!
私自身は時間やルールに束縛されることが嫌で帰宅部(=部活に入らない人のことをこういいました)だったのですが、今思うともったいないことしたかしら・・・とたまに考えますもの。

親の目というフィルターを通して見る部活動最大のメリットは「心の支えとして機能してくれること」。これに尽きると思います。
親元を離れてまもなく2年が経ちますが、寮と学校、どちらも個人の好き勝手が許されない共同生活ですし、思春期に入り自我が芽生えて自己主張が激しくなってくる年頃で衝突も多々あるでしょう。楽しいことばかりではないと思います。
悩みを親に打ち明けるようなこともほとんどありませんし、厳しいことも苦しいことも自分で乗り越えなければなりません。

そんな時にクラスメイトでもなく、同室の先輩後輩でもない第3の人間関係(=サッカー部)があるのとないのとでは心のバランス維持の面で大きく違ってくるでしょう。
これは入学当初は全く気がつかなかったことでしたし、本当のところは知りようもないですが、この2年近くの間の短い電話の会話の中から垣間見えたり感じ取ったことです。

部活動も大変だとは思うけれど、自分の好きなことだからずっとずっと続けてほしいな、精神的に強くなってほしいなと願わずにはいられません。


・・・と突然母親語りしてしまいましたが、思春期の男の子を持つお母さまでしたらこの気持ちきっと分かっていただけるはず。
精神を健全に保つことが何より肝心ですよね。

本当は勉強のほうももっとどうにかしてほしいのですけれど、まあこれは本人のやる気にかかわっている問題なので最近は少しあきらめ気味。
一緒に暮らしていれば小言のひとつもいいたくもなるのでしょうが、わざわざ電話で呼び出してまで言うことではありませんから、これについては息子は良かった~と思っているはずです、きっと(笑)



随分脱線してしまいましたが、話は元に戻ります。
トレセン選手しかもレギュラーともなればどの子もプレイにそつがなく、そして例外なく負けん気が強いです。
試合中もよく声が出ます。
普段はキャプテン風を吹かせている息子ですが、プレイ中にヘマをすると容赦なくチームメイトから指摘を受けますし、コーチに呼ばれてベンチに引っ込められます。
ガンバレ!と心の中で息子を応援。

わが息子は予想通りフル出場とはいきませんでしたが、それでもとても良い経験になったと思います。
私たちも息子のプレイする姿を間近で見ることができて嬉しくも楽しい2日間でした。

中央地区のユニフォームがまたカッコいいんです。「CENTRAL U-14」ですよ(笑)
(青春の記念だわーと母だけミーハー気分)
息子が出ない時間帯も白熱した試合展開でみていて楽しかったです。
強い弱いは関係ないといいながら、やっぱり強いと面白いんですよね~^^

大会1日目は2戦2勝で1位パートに、2日目初戦はなんと県トレ相手に大健闘(息子抜き)、コレは良い線いくかもと期待していたら、途中落雷にて試合中断、再開後の落雷で試合中止となりました。
閉会式も早々に切り上げ、各自解散となりました。なんとも残念無念・・・。

帰り道は積雪で高速道路は何箇所も通行止め。
熊本で足止めだけはどうしても避けたかった私と主人、通行止めと標識が出ようとも何のその、強制的にインターチェンジを降りるよう指示されるまでひたすら走り続けました(汗)

広川からは武雄北方までは下道を運転してなんとか無事に自宅に戻ってきましたが疲労困憊。
もう少し近かったらいいのになと一体何回思ったかわからないことをまた思った年末の出来事でした。
また試合があれば駆けつけますけれどね☆
by aya_panaderia | 2011-01-10 09:42 | 旅行


<< 2011年事始め 確実に。誠実に。 >>