うなぎ割烹井手のメニュー撮影に行ってきました☆ と近況報告

『うなぎ割烹井手』のメニュー撮影に行ってきました。
こちらの店舗は自宅教室の生徒さまでもあり友人でもあるTさんのご実家なんですが、メニュー作りの依頼を受けたのが井手うなぎさんとのお付き合いの始まりでした。
私の料理写真の腕をかってくれ(と勝手に解釈)、当時は嬉しさ半分私にできるかしらという不安半分だったのを昨日のことのように思い出します。懐かしい!

4月からの消費税アップのタイミングでメニュー表を一新したいということで、3月中に撮影決行となったのはいいのですが、押さえた日程が悉く悪天候、3度目の正直で曇り空ながらようやく撮影決行できたときはほっとした次第。

しかしこれ、2年半ぶりのメニュー撮り・・・かと思えばさにあらず。前回撮影は2010年5月。ということは3年10ヶ月ぶりなんですね。本当に月日の過ぎるのは早いなと思います。

当時に比べて撮影機材も随分グレードアップしましたが(主人がカメラオタクなもので・・・)、結局はそれを使いこなせるかどうかが一番大切なことだったりするのですよね。その辺り、如何なものかしらと思う今日この頃。
記事最後に前回分の記事のリンクを貼っておきますのでお時間のある方はご覧になってくださいませ。
あんまり変わっていないと私自身が思うのは、撮影技術が全く上達していないということとイコールなのかしらとも感じます。

d0073922_12130437.jpg
うなぎ定食

d0073922_12094644.jpg
うな重

d0073922_12093910.jpg
天ぷら定食

d0073922_12093330.jpg
アフォガード
ランチタイム御膳2種は割愛。

撮影時間は2時間くらいだったでしょうか。
まずはテーブルの位置決めから。三脚を固定しアングルの確認をした後はデジカメの各種設定。からのテスト撮影で諸々の最終調整。厨房から運ばれてくる料理を今か今かと待ち構えている間にも刻々と変わる日差し・・・光の差し込み具合を座敷の障子で調整しスタンバイ。
うぅ・・・めっちゃ美味しそうではないですか。今すぐかぶりつきたい衝動をググッと押さえ、ぷっくりピッカピカに輝く脂の乗り切った鰻を如何に美味しそうに撮れるかに意識を集中し、何食わぬ顔をして撮影続行。あぁ、食べたい。お腹が鳴るぅ。ぎゅるぎゅるぎゅる~ 我慢我慢。
私はここに仕事をしに来ているんだと言い聞かせ、次はアフォガードの撮影。これがなかなか難儀しました。Tさんと二人三脚で悪戦苦闘。エスプレッソを注ぐ間の連続写真は100枚越え@2回、選定作業は何がなんだか状態でした。どれが採用されるのかは不明ですが、Tさんが素敵なPOPを作ってくれるんじゃないかと期待しています。

全ての作業が無事終了し、空腹で目が回りそうな私に「何でも好きなものを注文してくださいね。何が食べたいですか?」と天使のようなお声。どれもこれも美味しそう、では熱々のセイロ蒸しを・・・・ということで、至福のランチタイムを過ごしました。ごちそうさまでした☆
自宅では卒業式で早々に下校した次男坊がレンジでチンした肉巻きおにぎりを一人で食べているというのに母は鰻に舌鼓、撮影に使ったう巻きやお刺身なんかもちゃっかりご相伴に預かって、この事実を彼が知ったならば地団太を踏んだに違いないなと思いました。ゴメンヨ、これでも一応仕事なの・・・。

データ引渡しは1週間後の26日、つまり明日。相変わらずのギリギリ女の私は今朝からせっせと作業して8割がた終わったところで息抜きにブログ更新というわけです。
作業って何するの?と思われた方。結構時間がかかるんですよー。
その時に完璧に撮影できていれば修正の余地なしかと言えばそうでもなく、レンズに付着した塵や埃、食器やお盆についた埃、その他諸々細かく挙げていくと修正箇所にはキリがないので何処に落としどころを持っていくのか決めておかないと延々作業が続くんですよね。会社勤めの頃から愛用している画像処理ソフトのPhotoshopで一連の作業をやっていると、できないことはないなと痛感します。
帰省中の長男がお膳の肝吸に浮かんでいる埃を消している作業(呆れるくらい気の遠くなる作業)をみて感心していたので、「アイドルのポスターなんかもこういう修正一杯してるんだろうねー。シミとか皺なんて一切なかったことにできるってある意味凄いよね。お母さんもやっちゃおうっかな。」と言ったところ「・・・・・。」アイドルと自分を一緒に論じるなんてお母さんの方がある意味凄いんじゃ!?という彼の心の声が聞こえましたが知らん振りしておきました(笑)
(注)修正は、あくまでも料理をより美味しそうにみせるために必要な作業のみです。うなぎの枚数を水増ししたり何てことではないのであしからず。

話が脱線してしまったのでこちらも修正・・・。

先週は春合宿を終えた長男の帰省と週末三連休のサッカー観戦が重なりPC前に座ることすらままなりませんでした。
洗濯機を一体何回まわしたのか記憶さえないのです。青春の香りプラス砂だらけの大量の洗濯物に加え、大会で泥だらけになった次男のユニフォーム、さらには半年ぶりにサッカー復帰した主人の練習着。壊れる寸前の可哀想な洗濯機ですが壊れるわけにもいかず今日も酷使しているところ。

13日のkuriya大村レッスン前にありえない怪我をしてから額の腫れからくる頭痛もとまらず、追い討ちをかけるように(珍しく)風邪を引き、踏んだり蹴ったりとは正にこのことかしらとでも言いたくなる昨今の状況。
こうなってくると普通は気分も落ち気味になろうというものでしょうが、4月にたくさん詰まっている楽しいことに思いを馳せ、今はただただ耐え忍ぶのみとやるべきことを一つ一つクリアしていってます。

ブログの更新がパタリとなくなって大体1週間くらいから、「お元気ですか?腰の調子はいかがですか?」と生徒さまから安否確認メールをいただくことが多いので、私は元気ですよーという近況報告もちゃっかりしてしまいました。タイトルからドンドン話がずれていってます^^
何のかんのいいながら結構楽しく毎日を過ごしております。

3月末までに、「おいしい生活」の自己紹介欄の修正や、西部ガス定例講座の紹介などもしていく予定です。
3月って残り6日しかないのですけれどね^^;


以前の記事はこちらをどうぞ☆
「うなぎ割烹井手 リニューアル」

by aya_panaderia | 2014-03-25 13:57 | カメラ日和


<< 2014年度西部ガス定例講座の... 2013.03.13 Kuri... >>