ガスオーブンの威力。

d0073922_19384344.jpg
RIKAKO邸でパン教室の予行練習。
重~いニーダー抱えて雨の中、朝から夕方までの6時間!
ディープな時間を過ごしました^^;


d0073922_19404884.jpg
クラストがっしりクラムもっちり、理想のくるみパンが焼けました。
裏返してみると一目瞭然! 底もバッチリ焼けています。





RIKAKOさんちには、3台のオーブンがあります。
デロンギのコンベクションオーブン、オーブンレンジ、そしてガスオーブン。
教室で使用するのはリンナイ製ガスオーブン。
とても楽しみにしていました。
d0073922_19433932.jpg
オーブン外観。 自分が写ってますネ(笑)

公民館講座で使用しているものと同じ機種だそう。
なんと一度に5段焼成できる優れもの。

ひとり立ちしてから現在まで15年、ずっとオーブンレンジを愛用中。
その間疑問に思うこともなく、その時々購入した機種を壊れるまで使っています。
今のオーブンで3台目。

今回はじめてのガスオーブン。
スタートしてからの温度上昇がありえないくらい早い!
さらには天板を上下前後に入れ替える必要もなく、焼成時間も半分です。

あまりの違いに・・・ただただ驚き!

焼きたては一口かじるとクラストが「バリンバリン!」と音を立てて崩れていく感じです。

今のオーブンレンジはTOSHIBA製。
リサーチ不足が祟って、上火・下火の別調整ができない機種だと使用後に判明。
焼きムラもひどく、試行錯誤の上ようやく使いこなせるようになってきた、
ある意味愛着のある電気オーブンです。

独学でパン作りをはじめて6年、自分の作るパンはその時々で最高のパンだと思ってきたし、家族にも喜んでもらえてました。

なのに、なのに・・・・・。
ガスオーブンで焼いたパンがこんなにも香ばしくて美味しいものだったとは!

がーーーーーーん

明日からのパン作り、どうしましょう!?




d0073922_20355015.jpg
どうしてももう1回焼きたくて焼きたくて、パン・ブリエを焼かせてもらうことに。
(あいにくの雨模様、画像の色調が不安定。見苦しい点はお許しを)

RIKAKOさんちのストック使用。
国産の地粉に、奄美大島の塩、きび砂糖を使って、うろ覚えのレシピで一緒に作業。

クープカミソリの代わりにカッターで5本のクープを入れました。
勢い余ってクープが深すぎましたが、見事な焼き上がりに。
高温&蒸気焼成です。

d0073922_20374717.jpg
あら熱が取れる前にカットしたので少しつぶれ気味のカット面です。
我が家のオーブンで作るブリエがソフト系とするならば、
RIKAKOさんちのオーブンで作るブリエは正真正銘ハード系!!!

ハリネズミを彷彿させる形の、頭としっぽの部分といえばお分かりでしょうか?
先っちょの部分が香ばしくっておこげのような味。

美味しいパン屋さんのバゲットを食べたときと同じ感動が体を駆け抜けていきましたヨ、大げさじゃないですよ~
RIKAKOさんと「おいしいね♪おいしいね♪」といいながらパクパク。

RIKAKOさ~ん
「おうちに入り浸ってもいいですか」といいたいくらいに感激した日☆



d0073922_20435577.jpg*おまけ*

焼きたてパンのあら熱を取るクーラーがなくて・・・
代用品がコレ^m^

韓国料理!?

これはちょっとあんまりだよね~

ふたりで大笑い。


それから。
RIKAKOさんのブログに載っている作業風景を見てギョギョギョ
私の腕、真っ黒!
わかっちゃいるけど結構ショック(笑)


d0073922_17482970.jpg
追加。
翌日のブリエ。
地粉で作るパンは翌日も水分を十分に保っていて、トーストせずにそのままいただきました。
ゴールデンヨットもいいけれど、地粉もいいかも。
by aya_panaderia | 2007-10-09 21:08 | パン


<< パンとお話しの会@ビゴの店 鷺沼 シンプルケーキでおめでとう! >>