カテゴリ:カメラ日和( 170 )

デリー近郊のバードウォッチング(ビンダワス鳥類保護区周辺②)

Eurasian Eagle-Owl ワシミミズク
d0073922_15165585.jpg

後からオウチュウが追ってます
d0073922_15165618.jpg

音がしません
d0073922_15165504.jpg

Rufous Treepie チャイロオナガ
d0073922_15173219.jpg

Indian Roller インドブッポウソウ
d0073922_15173256.jpg

Pied Kingfisher ヒメヤマセミ
d0073922_15165460.jpg

White-throated Kingfisher アオショウビン
d0073922_15165448.jpg

Crested Serpent-Eagle ミナミカンムリワシ
d0073922_15165348.jpg

Little Cormorant アジアコビトウ
d0073922_15165576.jpg

Purple Swamphen セイケイ
d0073922_15165374.jpg

Oriental Darter アジアヘビウ
d0073922_15141952.jpg
d0073922_15165247.jpg
d0073922_15165396.jpg
Eurasian Curlew ダイシャクシギ
d0073922_15141787.jpg
White-breasted Waterhen シロハラクイナ
d0073922_15141845.jpg





by aya_panaderia | 2016-10-10 21:00 | カメラ日和 | Comments(0)

デリー近郊のバードウォッチング(ビンダワス鳥類保護区周辺①)

Greater Flamingo オオフラミンゴ
d0073922_15091900.jpg

d0073922_15112889.jpg

Indian Pond-Heron インドアカガシラサギ
d0073922_15112716.jpg

d0073922_15112711.jpg

Indian Peafowl インドクジャク
d0073922_15112589.jpg

Purple Heron ムラサキサギ
通称パルパルヘロン
d0073922_15112670.jpg

Caspian Gull キアシセグロカモメ or Steppe Gull
d0073922_15112672.jpg

Grey Francolin シマシャコ
d0073922_15112792.jpg

Red-naped Ibis アカアシトキ
d0073922_15141636.jpg

Woolly-necked Stork シロエリコウ
d0073922_15141725.jpg

d0073922_15141762.jpg

Rufous Treepie チャイロオナガ
d0073922_15141674.jpg

Wire-tailed Swallow ハリオツバメ
d0073922_15141632.jpg

Grey Heron アオサギ
d0073922_15141867.jpg


by aya_panaderia | 2016-10-10 20:00 | カメラ日和 | Comments(0)

国立博物館(デリー)

外は蒸し暑いので博物館にでも・・・
外国人には相変わらず高め設定の一人650ルピー、しかし日本語説明の音声ガイドの貸出をしてくれるのでまあいいか。
d0073922_02163981.jpg
ギリシャの影響を受けたクシャーナ朝の仏像。
d0073922_02172282.jpg
d0073922_02172267.jpg
Yogini Vrishanana
10~11世紀
d0073922_02172256.jpg
Nataraj
いわゆるダンシング シヴァの顔の部分
9~10世紀
d0073922_02172291.jpg
Indra
顔の部分
15世紀
d0073922_02172241.jpg
Devi
12世紀
d0073922_02172269.jpg
Devi
12~13世紀
d0073922_02172249.jpg
Narshinma
15~16世紀
d0073922_02172237.jpg
細密画
写真では表現しきれません。
d0073922_02172226.jpg
Panchamukhi Hanuman
19世紀
顔の部分のみ
d0073922_02223017.jpg
シタール
d0073922_02223002.jpg
ムガール時代のコインは文字だけ。
d0073922_02172299.jpg
おすすめです。

by aya_panaderia | 2016-07-10 02:19 | カメラ日和 | Comments(0)

スリランカ旅行(ヌワラエリア)

スリランカ旅行の写真、続きです。

マックウッズ紅茶園
d0073922_15432655.jpg
d0073922_15435071.jpg
d0073922_15441145.jpg

果物屋
d0073922_15444199.jpg
d0073922_15453468.jpg

スリランカ料理
d0073922_15455327.jpg

コロンボの街並み
d0073922_15461313.jpg
d0073922_15462533.jpg
d0073922_15464075.jpg

スリランカ紙幣
d0073922_15424395.jpg


by aya_panaderia | 2016-07-05 00:00 | カメラ日和 | Comments(0)

スリランカ旅行(シギリヤ)

スリランカ旅行の写真です。

ミネリア国立公園
d0073922_15205588.jpg
d0073922_15213442.jpg
d0073922_15215852.jpg



シギリヤロック
d0073922_1522508.jpg
d0073922_15232830.jpg
d0073922_15284876.jpg


ノリタケ工場
d0073922_15291975.jpg
d0073922_15293597.jpg


by aya_panaderia | 2016-07-04 00:00 | カメラ日和 | Comments(0)

インド レー旅行 (三日目:パンゴンツォ③ パンゴンツォ→チャン・ラ→レー)

湖岸で見るのと少し高いところから見るのでは色が違います。
d0073922_23554625.jpg
d0073922_23561111.jpg
d0073922_23561127.jpg
d0073922_23561151.jpg
d0073922_23561163.jpg
d0073922_23563173.jpg
d0073922_23563163.jpg
d0073922_23563290.jpg
d0073922_23572904.jpg
d0073922_23572928.jpg
d0073922_23572949.jpg
d0073922_23572913.jpg
d0073922_23574907.jpg


5時間かけてレーへ戻り・・・日帰りはきつかった。
のどかな放牧風景。
d0073922_23574970.jpg
d0073922_23574963.jpg
d0073922_23574940.jpg
d0073922_23580554.jpg


チャン・ラで見たシンジュマシコ。
d0073922_23580516.jpg


カルドゥン・ラにもいたシロガシラジョウビタキ。
d0073922_23580570.jpg


犬もたくましく生きてます。
d0073922_23580526.jpg


イワシャコ。
d0073922_23581976.jpg


麓にはスズメ。
d0073922_23581926.jpg


そしてカササギ。ちなみに佐賀県の県鳥。
d0073922_00340109.jpg


天の川を撮影しようと思ったのですが、レーの町の光が強くてダメでした。
田舎に泊まるべきでした。
d0073922_00342312.jpg

レーにまた行きたい!

by aya_panaderia | 2016-06-26 02:07 | カメラ日和 | Comments(2)

インド レー旅行 (三日目:パンゴンツォ② チャン・ラ→パンゴンツォ)

チャン・ラからパンゴンツォへ。
d0073922_23511738.jpg



谷底には転げ落ちた軍のトラックが。
多発地帯のようで3台の残骸がありました。
d0073922_23511636.jpg

d0073922_23511751.jpg



マーモット発見。
d0073922_23514094.jpg



インド人にとって雪渓は珍しい。
d0073922_23514038.jpg



降りてくると村があります。
d0073922_23514017.jpg

d0073922_23514045.jpg

d0073922_23520269.jpg



山の間から鮮やかな湖が見えてきました。
d0073922_23520223.jpg



パンゴンツォは標高4,250mで1/3はインド領、2/3は中国領。
時間がたつにつれていろんな色に変化して見飽きることがありません。
d0073922_23520276.jpg

d0073922_23520348.jpg



チャガシラカモメが飛んでいました。
d0073922_23522273.jpg

d0073922_23522242.jpg

d0073922_23522296.jpg

d0073922_23522200.jpg

d0073922_23525892.jpg

d0073922_23525843.jpg



透明感半端なし。
d0073922_23525804.jpg

d0073922_23525822.jpg

d0073922_23531932.jpg

d0073922_23532060.jpg

d0073922_23532030.jpg

d0073922_23534257.jpg

d0073922_23534393.jpg

同じような写真ばかりですが・・・続きます。


by aya_panaderia | 2016-06-26 02:03 | カメラ日和 | Comments(0)

インド レー旅行 (三日目:パンゴンツォ① レー→チャン・ラ)

さて、三日目は紺碧のパンゴンツォ。
まず、インダス川を上っていきます。
d0073922_23494117.jpg



途中から進路を北へ。
ゴンパが見えます。
d0073922_23494174.jpg



棚田のような畑を眼下に見ながら上っていきます。
d0073922_23494162.jpg

d0073922_23495773.jpg



山道はやはり怖い。
d0073922_23494179.jpg



だいぶ上ってきました。
d0073922_23495848.jpg

d0073922_23495813.jpg

d0073922_23495812.jpg



そしてチャン・ラに到着です。
標高5,360mの峠です。iPhoneのGPSでも5,380mでした。
タルチョーが鮮やか。
d0073922_23503395.jpg

d0073922_23503351.jpg

d0073922_23503389.jpg

d0073922_23503347.jpg

d0073922_23505429.jpg

d0073922_23505449.jpg



チャイを飲みます。
サングラスをかけたガイドさん。
d0073922_23505495.jpg

d0073922_23505482.jpg

d0073922_23511627.jpg

パンゴンツォに向けて降りていきます。


by aya_panaderia | 2016-06-26 01:59 | カメラ日和 | Comments(0)

インド レー旅行 (二日目:ヌブラ谷④ ヌブラ谷・ディスキット僧院→カルドゥン・ラ→レー)

巨大な仏像とそこからの眺め。
d0073922_22055385.jpg

d0073922_22050817.jpg

d0073922_22055383.jpg

d0073922_22055319.jpg


ディスキット僧院
d0073922_22055397.jpg

近くにある学校、その名もDiskit Gonpa School Nubra。
d0073922_22061999.jpg
d0073922_22061985.jpg


学校に通う子供たち。
d0073922_22061946.jpg
d0073922_00091430.jpg


ラクダに乗ろうと砂丘へ。
d0073922_22061913.jpg
d0073922_22065148.jpg
d0073922_22065275.jpg


ラクダランチ中にて断念。
d0073922_22065113.jpg

ヌブラ谷からまたカルドゥンラ峠を通ってレーまで約4時間。
d0073922_22065292.jpg

d0073922_22072793.jpg


これはモレーンじゃないかと思います。
d0073922_22072777.jpg
d0073922_22072887.jpg


バイクで5,400mを超えるとは根性あり。
d0073922_22072818.jpg

d0073922_22080411.jpg



そして帰途のカルドゥンラ峠。
d0073922_22080508.jpg

d0073922_22093357.jpg



峠近くのタルチョー。
d0073922_23065465.jpg

二日目終了、パンゴンツォの三日目へ。


by aya_panaderia | 2016-06-26 01:55 | カメラ日和 | Comments(0)

インド レー旅行 (二日目:ヌブラ谷③ ヌブラ谷・ディスキット僧院)

ラダック地方北部のヌブラ谷。
谷底は標高約3,000m、両側の山は5,000m級。
砂漠と緑と青空。
d0073922_21593304.jpg

d0073922_21593336.jpg



離合の渋滞は怖い。
d0073922_21593332.jpg



ヌブラ最古・最大のゲルク派僧院であるディスキット僧院へ。
僧院から見る仏像。
d0073922_22001789.jpg



時計方向に回すマニ車。中にはお経が入っていて回転させた数だけお経を読んだことになるんですって。
たくさん回しました。
d0073922_22001888.jpg



高台にある僧院から。
d0073922_22001883.jpg



僧院を上って行くと・・・
d0073922_22001844.jpg

d0073922_22005390.jpg

d0073922_22005397.jpg



僧院内部
d0073922_22005316.jpg

d0073922_22005302.jpg

d0073922_22013084.jpg



窓の外は広大なヌブラ谷。
d0073922_22013023.jpg



見晴らしがいい。
d0073922_22013003.jpg

d0073922_22013066.jpg



魔除け
d0073922_22015276.jpg



お坊さんが日向でお経を読む。
d0073922_22015301.jpg

d0073922_22030322.jpg


くちばしが黄色いキバシガラス。
ヒマラヤの山岳地帯にいるカラスです。
d0073922_22015368.jpg

d0073922_22030313.jpg


タルチョーはためく。
d0073922_22015316.jpg

d0073922_22030390.jpg

d0073922_22030397.jpg

d0073922_22050728.jpg

d0073922_22050729.jpg



屋根瓦のように見えますがよく見るとお経が彫ってあります。
d0073922_00092415.jpg

d0073922_00092407.jpg


ディスキット僧院が続きます。

by aya_panaderia | 2016-06-26 01:49 | カメラ日和