カテゴリ:本( 5 )

Taj Mahal  ताज महल

d0073922_1536488.jpg
タージマハルはいわずと知れた世界遺産。
ムガール帝国5代目皇帝シャー・ジャハーンが愛妃ムムターズ・マハルの死を悼んで建設した霊廟です。
1632年着工1653年完成。
完成から357年の月日が経っていることになります。

皇帝はタージマハル完成後、ヤムナー川の対岸に 全く同じ形の(自分が死後入るための)霊廟を黒大理石で建設しようと考えていたそうです。想像しただけでもすごいですよね、なんて贅沢。

結局皇帝の座を奪われたシャー・ジャハーンは、タージマハルが望めるアグラ城に7年間幽閉された後、死後は王妃の棺の隣にひっそり置かれることになったのですが・・・。

普通大理石というのは水や酸に弱く建物の内装にしか使われないそうですが、タージマハルの材料である西インド産の白大理石は水・酸に強いため外観部分にまでふんだんに使用されています。

壁面の装飾(象嵌細工の花模様や唐草模様など)も白大理石や貴石が使われているそう・・・。
詳細な写真は主人が帰国後にじっくり見せてくれるでしょう(期待!)。

と、熱く語ってしまいました。
興味のない方はスルーしてくださいね・・・


今回主人が休暇中に訪れ、メールで画像を送ってくれました。
いいな、いいな。
しかし主人の感想は・・・・・『大きなお墓だった。』ってそんなぁ><
ロマンがないこと甚だしいではありませんか!

学生時代から一度はこの目で見てみたいと思っていたタージマハル。
主人が訪れると事前に分かっていたら、デジイチ持っていってもらうんだった><
残念~

愛読書
by aya_panaderia | 2010-02-01 09:57 |

世界は分けてもわからない

d0073922_2155474.jpg
読書熱、続いています。
上橋菜穂子さんの著作も面白かったけれど、この方の著作にもはまりました。
『生物と無生物のあいだ』と一緒に読むと良いですね。

もとから分子生物学なんて分野、興味ないのですけれど・・・

知識ですか? 蓄えられるはずもなく、ただただ楽しくて面白かったというだけです、ハイ。

おすすめです^^
by aya_panaderia | 2009-12-17 17:22 |

読書の秋(というか冬)

読書の秋ですね^^
ソファーに座ってゆったり読書時間。
最高に幸せ☆

普段は主人が出張時に大量に買い込む本を片っ端から読んでいく日々。
雑食の主人はビジネス本から脱力系までありとあらゆるジャンルの本を購入してきます。
私自身も偏らない読書ができるので、お土産本として結構楽しみにしています。

もちろん合間に楽しい読書もしておりますよ^^

今年に入ってはまったのは、上橋菜穂子さん。
ジャンルでいうと児童文学なのですが、子どもだけに独占させておくのはもったいないほど面白いんです。
守り人シリーズは言うに及ばず、最近は獣の奏者シリーズにはまってしまい、一気に読破。

NHKでTVアニメ化されておりそちらも面白いのですが、おすすめはやっぱり本ですね。
活字の世界は自分の中で自由に想像できる分楽しさの幅が広がります。

まだ読まれていない方、是非どうぞ☆

そうそう、佐々木譲の警察シリーズもかなり面白かったです。
『制服捜査』、かっこよかった!
こちらは文庫本、お貸しできますよ~(5,6冊あります^^)

ここ数年、山崎豊子さんの著作が立て続けにドラマ化されておりますね。
以前からファンの私はほとんどの著作を持っておりますが、この方、ほとんどの結末が悲惨なのですよね・・・。

読むたびに気持ちが引きずられていってしまうので、今回引っ張り出して読むのを我慢しているところです。
ドラマも見ないし。
唐沢寿明さんの壹岐正役、はまり役っぽいんですが・・・。
by aya_panaderia | 2009-11-25 00:10 |

どこにもないパンの考え方

d0073922_19515884.jpg
美味しそうなパンのコレクション!
眺めているだけで幸せになれる本です。

大阪にある大人気店『ブランジュリ タケウチ

ブーランジェリー・ル・シュクレクール』、 『フール・ドゥ・アッシュ』に続く、一度は実店舗にいってみたいパン屋さん。

More
by aya_panaderia | 2008-10-07 20:45 |

尊敬する人。

d0073922_13303853.jpg
先週久しぶりにふらりと寄った書店で遭遇。
迷わず購入したのはこの本。


志賀勝栄 著 「酵母から考えるパンづくり」

More
by aya_panaderia | 2007-05-02 14:05 |