タグ:Nikon D700 ( 35 ) タグの人気記事

インド レー旅行 (二日目:ヌブラ谷② カルドゥン・ラ→ヌブラ谷)

カルドゥン・ラからヌブラ谷へ。
d0073922_21430578.jpg

d0073922_21430598.jpg

d0073922_21430584.jpg

d0073922_21430539.jpg



特徴的な雪の溶け方。
d0073922_21433219.jpg



降りるにしたがって草地になります。
d0073922_21433397.jpg



ヤクの放牧。
d0073922_21433383.jpg



花も咲いています。
d0073922_21433335.jpg



ところどころにはストゥーパが。
d0073922_21435081.jpg



村も見えてきます。
d0073922_21435151.jpg

d0073922_21435158.jpg



休憩で飲むチャイは美味しかった。
d0073922_21443871.jpg

d0073922_21435113.jpg



人のいるところスズメあり。まるまる太ってます。
標高は4,000mくらいです。
d0073922_21443971.jpg

d0073922_21443908.jpg



クロジョウビタキ。
d0073922_21443972.jpg



更に下っていきます。
川が谷を削っています。
d0073922_21452905.jpg

d0073922_21452942.jpg

d0073922_21452959.jpg

d0073922_21453041.jpg



広い川底が見えてきます。
d0073922_21453070.jpg


そしてヌブラ谷です。

by aya_panaderia | 2016-06-26 01:43 | カメラ日和 | Comments(0)

インド レー旅行 (二日目:ヌブラ谷① レー→カルドゥン・ラ)

二日目。
レー(Leh)からカルドゥン・ラ(Khardung La)峠を越え
ヌブラ谷(Nubra Valley)へ。
レーを眼下に見ながらどんどん上っていきます。
d0073922_21093639.jpg
未舗装の悪路をひたすら飛ばす若きドライバー。
当たり前ですが道を外れたら真っ逆さまに谷底へ…。
最初は恐怖→段々慣れてへっちゃらに。
慣れって怖い。
d0073922_21093619.jpg
更に上っていきます。
レーがあんなに小さくなってしまった。
d0073922_21093632.jpg
5,000mを超えると雪が見えてきます。
万年雪なのかしら。
d0073922_21093613.jpg
空の青さとのコントラストが素晴らしかった!
空気も澄んでいます。
デリーの大気汚染で濁った空を見慣れていると
同じインドとは思えない空の青さに
いちいち感動するふたりなのでした。
d0073922_21093679.jpg
ガードレールも何もない場所での離合は緊張の一瞬。
左側に山がある場合はいいのですが、
その逆だと崖側に車を寄せて離合するので
落ちませんようにとついつい祈ってしまいます。
d0073922_21093630.jpg
レーから約40km、カルドゥン・ラに到着。
標高は5,359m。
車やバイクで普通に通れる世界最高地点と言われてますが真偽の程は?
iPhoneのGPSでは5,380mの表示。
滞在時間は15分程度でしたが、
少し歩いて写真を撮っていると息切れが。
d0073922_21093755.jpg
至る所にカラフルな旗。
d0073922_21221575.jpg
この旗はチベットの祈祷旗であるタルチョです。
五色の順番は青・白・赤・緑・黄の順に決まっていて、
それぞれが天・風・火・水・地すなわち五大を表現するんですって。
d0073922_21121730.jpg

d0073922_21130341.jpg
雪渓の上にはシロガシラジョウビタキ。
インドではこのあたりにしかいません。
d0073922_21093712.jpg
今から降りていく方向。
d0073922_21132942.jpg
周囲はこんな感じです。
d0073922_21132909.jpg
雪が厚く残っています。
d0073922_21132925.jpg
そしてヌブラ谷へ降りていきます。

by aya_panaderia | 2016-06-20 15:56 | カメラ日和

インド レー旅行 (一日目:レー散策② サンカル・ゴンパ→旧王宮→中心街)

次はレー中心部へ向けて移動。
サンカル・ゴンパ(Sankar Gompa、僧院・仏教寺院)へ。
レーにはいたるところにゴンパやストゥーパがありました。
d0073922_17503219.jpg
内部の見学は靴を脱ぎます。
撮影OKのところもあればNGのところも。
ここは大丈夫でした。
d0073922_17311231.jpg
鮮やかな壁画の数々。
d0073922_17311263.jpg
サンカル・ゴンパのご本尊「ドゥカル像」。
中国では「白傘蓋仏母(びゃくさんがいぶっちょう)」。
日本では「千手観音」ですね。
千の手と足、顔を持ち、
手のひらには一つひとつ目が描かれていて千の目も持っています。
d0073922_18043764.jpg
足下にはたくさんのひと人ヒト。
自分のエゴを踏んづけているそうです。

d0073922_17311345.jpg



続いて旧王宮レーパレス(Leh Khar,
Leh Palace)。
ただいま修復中。
d0073922_17311321.jpg
d0073922_18045115.jpg
ここも高台にあるのでレーの町が一望できます。
d0073922_17311391.jpg
標高4,000メートル近いレーの街並みは緑がとても少ないなと感じました。
山並みもしかり。岩肌がむきだしのまま。
所謂森林限界なんでしょうね。
d0073922_17311314.jpg
レーの中心街、メインバザール。
年々観光客が増えているようで、
至る所でアスファルト舗装工事中。
d0073922_17330510.jpg
バザールの通りのレンガ舗装も美しかったです。
d0073922_17330512.jpg
ショッピングの時間はほんの少し。
目ざとくおしゃれな織物の店発見。
渋る主人とガイドを連れて早速潜入。
d0073922_17330536.jpg
織っているところを見学させてもらってお買い物。
d0073922_17311229.jpg
ホテル近くの風景。
ポプラの植栽が多かったです。
d0073922_17354056.jpg
高所に体を慣らす一日目はこんな感じでした。


by aya_panaderia | 2016-06-20 15:14 | カメラ日和

インド レー旅行 (一日目:レー散策① シャンティ・ストゥーパ)

6/3から6/6、三泊四日で国内旅行に行ってきました。
最高気温が45度以上になるデリー。
こちらで仕事をしている日本人を除き、
帯同家族の身の振り方には大まかに3通りあります。
① 日本人学校の夏休みに合わせて一時帰国
② 海外や国内に避暑旅行して暑さを一時的にしのぐ
③ デリーで普通に暮らして暑さを楽しむ

この暑さ目指して敢えて渡印している私は②と③ですね^^
というわけで、今回からの記事は②の旅行についての記事になります。


酷暑のデリーから避暑地のレーまでの距離は約1300キロ。
早朝約1.5時間のフライトです。
飛行機はぐんぐん北上し、氷河のヒマラヤ山脈を越えていきます。
d0073922_17295439.jpg
レー(Leh)はインド北部ラダック地方、ジャンムーカシミール州の中心都市。
ジャンムーカシミール州はパキスタン、中国と国境を接していて軍事上重要地域なのです。
よって空港は軍事施設であり、当然ながら写真撮影は禁止。

チベット文化圏であり大部分がチベット系民族、仏教徒で
そこに住んでいる人々は殆どが親しみのある顔だちです。

標高は約3,650m。
少し動くと息があがります。
到着後は高地順応のためホテルで休息です。
呼吸が浅くなるので昼寝は厳禁。
(飲酒もできるだけ避けた方が無難ということで久しぶりに禁酒生活)
高山病予防薬ダイアモックスを旅行二日前から服用していたお陰か
二人とも高山病にかかることもなく高地順応できました。

d0073922_17354001.jpg
町の中心から外れたきれいなホテル。
スイートルームで部屋数も多かったんですけれどね、
ここはあくまでもインドの高地、普通に心地よかったです。
(お湯もちゃんと出ました)

d0073922_17354002.jpg
当てが外れたのは食事全てがインド料理だったこと。
チベット文化圏に来たからにはやっぱりチベット料理でしょう!
(三日目はランチもディナーもチベット料理に)

d0073922_17295404.jpg
ホテルからの眺め。


さて、15時から観光に出ます。
まずは近くのシャンティ・ストゥーパ(Shanti Stupa)へ。
ストゥーパは日本語音訳で卒塔婆です。仏塔、仏舎利塔。
日本人僧侶の中村行明氏がラダック仏教徒とインド政府と協力し1991年に完成させたもの。

d0073922_17295445.jpg
中はこんな感じです。

d0073922_17295542.jpg
こちらのカラフルな旗は仏教を表現しているのですって。

d0073922_17295549.jpg
近くから見るとこんな感じです。
日本語記載もあり。
d0073922_17295570.jpg
d0073922_17295546.jpg

d0073922_17295536.jpg
補修している時間帯に偶々遭遇。
丁寧に作業していました。

d0073922_17433553.jpg
高台にあるのでレーの町がよく見えます。
レーは通年降水量が少ない乾燥地帯。
標高4000メートル近くの山々に囲まれた小さな街。
ストゥーパからレーの街並みを眺めると一目瞭然
水源近くにはポプラの植栽はあるものの
岩肌ゴツゴツの山だったり砂漠地帯だったり
厳しい環境であることがよくわかります。

サンカル・ゴンパに続く。

by aya_panaderia | 2016-06-12 18:06 | カメラ日和

デリー散策 フマユーン廟

久しぶりのブログはインドから。
皆さんご無沙汰しておりました^^
5月11日から主人のサポートでインドに来ています。
昨年の初渡印から4回目
勝手知ったる・・とはとてもじゃないけど言えません。
インドは広い!!!
日々の出来事はInstagramでこまめにpostしていはいるものの
経験していることの極々一部にすぎません。

今回は二か月という長期間滞在
世界遺産を見に行ったり
国内旅行を楽しんだりと
Instagramでは網羅できない数々の写真を
こちらのブログで紹介できればいいなあと思っています。

「あやさん全然ブログを更新しないですよねー」
と今年に入って言われ続けていますので
今回はちょっと頑張ってみようかな。
よろしくお付き合いくださいませ^^

さて、まずはこちらから。
デリーにある世界遺産のフマユーン廟。
我が家から一番近い世界遺産です。
入園できるのは日の出から日の入りまで。
本当は夕暮れ時に行くのが一番きれいらしいのですが
ただいまインドの厳しい夏
昼間は40℃を超えるので朝一番に行ってきました。

タージマハルがここをお手本にしたのは有名な話。
私たちは先にタージを見てしまったんですが、
さすがにあちらの規模と美しさにはかなわないですから
タージに行く前に見た方が良いと思います。
d0073922_01120185.jpg

d0073922_01120102.jpg

d0073922_01120110.jpg

d0073922_01120194.jpg

d0073922_01120213.jpg

d0073922_01120170.jpg

d0073922_01120283.jpg

d0073922_01132249.jpg
d0073922_01132318.jpg
d0073922_01132341.jpg
d0073922_01120237.jpg
d0073922_01120239.jpg
d0073922_01132234.jpg
d0073922_01132364.jpg
d0073922_01132334.jpg

d0073922_01132451.jpg

d0073922_01132410.jpg

d0073922_01161336.jpg

d0073922_01161339.jpg



by aya_panaderia | 2016-06-12 17:26 | カメラ日和